スマートフォンサイトはこちら

LIBRO

miomio

ショップブログ

リブロ福岡天神店

リブロ福岡天神店

住      所:
〒810-8680  岩田屋本店本館7F
電      話:
092-717-5180
営業時間:
10:00~20:00
アクセス:
西鉄天神駅徒歩5分
福岡市営地下鉄天神駅・天神南駅徒歩5分
取り扱い:
  • 和書和書
  • 洋書洋書
  • 文具文具
  • 雑貨雑貨
  • HonyaClub商品受取HonyaClub商品受取
SNS
  • facebook
  • twitter
ブログを見る
店舗詳細ページ

恩田陸全力応援フェア

リストは店頭にて配布中です!

ただ今リブロ福岡天神店では『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)で第156回直木賞を受賞した、恩田陸さんのフェアを開催しております。

今は出版社さんたちも重版をかけている最中なので、本がまだ全部揃ってはいないのですが、これからどんどん入荷する予定です。

ー(天神店F)による独断と偏見のオススメ本ー

「恩田陸、読んだことない!」という方→ど定番の『夜のピクニック』または『蜜蜂と遠雷

「むしろ『夜のピクニック』しか読んだことない」という方→『ネクロポリス』または『光の帝国ー常野物語

「短編集とかサクっと読みたい」という方→『象と耳鳴り

「恩田陸、最近読んでないなー」という方→『蜜蜂と遠雷

「柳川?聞いたことある」という方や福岡に縁がある方→『月の裏側

「それで(天神店F)はなにからハマったの?」という奇特な方→『六番目の小夜子』でした。

恩田陸さんの著作リストを作りましたので、読了チェックなどにどうぞ。

ぜひこの機会に恩田陸作品に触れてください。中学生や高校生にもオススメですよ!(天神店F)

リブロ福岡天神店2016年ベストー文庫編

2016年文庫1位 夢幻花

こちらも人気の作品です。

お正月ですね。

明けましておめでとうございます。本年もリブロ福岡天神店をどうぞよろしくお願いいたします。

年末からコツコツ書いてまいりました、2016年にリブロ福岡天神店で売れた本ランキングですが今回は「文庫」です。

【文庫】

1位 夢幻花(東野圭吾・PHP文庫)

2位 七つの会議(池井戸潤・集英社文庫)

3位 村上海賊の娘 1 2 3 4(和田竜・新潮文庫)

4位 怒り 上 (吉田修一・中公文庫)

5位 祈りの幕が下りる時(東野圭吾・講談社文庫)

6位 小説 君の名は。(新海誠・角川文庫)

7位 泣き童子ー三島屋変調百物語参之続(宮部みゆき・角川文庫)

8位 れんげ荘(群ようこ・ハルキ文庫)

9位 64 上 (横山秀夫・文春文庫)

10位 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹・文春文庫)

ほとんどの作品が2016年に発売されたものなのですが、8位のれんげ荘だけが2011年の発売ですね。女性のお客様に人気でした。

また、ベスト10には入りませんでしたがほぼ同数販売しました、桜ほうさら 上 (宮部みゆき・PHP文庫)や、望郷(湊かなえ・文春文庫)、ドンナビアンカ(誉田哲也・新潮文庫)も注目です。

2017年の最初の一冊に文庫はいかがでしょうか。(天神店F)

----2016年ベストセラー 総合 えほん・児童書----

リブロ福岡天神店2016年ベストー絵本・児童書編&フェルト作品

クリスマスの定番絵本左から『クリスマスのまえに』『サンタクロースっているんでしょうか?』『14ひきのさむいふゆ』

福岡のフェルト作家・櫻木すずなさんの作品。画像はブックカバーです。

ジジとクリスマスツリーが待っています!

先日、「リブロ福岡天神店2016年ベストセラー」という記事を書きました。

そこで次回は文庫編、と書いたのですが、毎日売り場に出ているとこの時期はプレゼント用の絵本のお問い合わせが圧倒的に多く「そうだ!絵本のランキングがあればプレゼントを選ぶときの参考になるっちゃない?」と思ったのです。

さっそく発表していきます!

【えほん・児童書】

1位 おやすみロジャー(カール・ヨハン・フォルセン・エリーン、飛鳥新社)

2位 いないいないばあ(松谷みよ子・瀬川康男、童心社)

3位 ハリーポッターと呪いの子(J.K.ローリング、静山社)

4位 だいすきぎゅっぎゅっ(フィリス・ゲイシャイトー、岩崎書店)

5位 きんぎょがにげた(五味太郎、福音館書店)

6位 どうぞのいす(香山美子・柿本幸造、ひさかたチャイルド)

7位 きえた!?かいけつゾロリ(原ゆたか、ポプラ社)

8位 ぐりとぐら(中川李枝子・大村百合子、福音館書店)

9位 はらぺこあおむし(エリック・カール、偕成社)

10位 もうぬげない(ヨシタケシンスケ、ブロンズ新社)

こんな感じでした。

ロングセラーが多いので、「この本子供のころ見てた!」という方も多いのではないでしょうか。大人も絵本売り場で楽しめますよ。

また、絵本売り場・わむぱむのお隣、アトリエ・ヌーボーではフェルト作家の櫻木すずなさんの作品の販売をしています。Wall Galleryでは作品の展示もございます。(12/31追記:櫻木すずなさんのフェアは終了いたしました)

ぜひ店頭にてご覧ください。(天神店F)

リブロ福岡天神店2016年ベストセラー

2016年ランキング1位!身近な食材と調味料で作れるのが魅力。季節に合ったメニューで一年中使えます。

12月になりました。

今年リブロ福岡天神店ではどんな本が売れたのか振り返ってみました。

【総合】

1位 昔ながらの作りおきと常備菜をちゃんと作るコツ。 マガジンハウス)

2位 おやすみ、ロジャー (カール・ヨハン・フォルセン・エリーン・飛鳥新社)

3位 調子いいのは、野菜と豆の食べ方を知っているから。 (マガジンハウス)

4位 やせるおかず作りおき(柳沢英子・小学館)

5位 天才(石原慎太郎・幻冬舎)

6位 京都ぎらい(井上章一・朝日新聞社)

7位 100歳までボケない101のレシピ(白澤卓二・マガジンハウス)

8位 九十歳。何がめでたい(佐藤愛子・小学館)

9位 いないいないばあ(松谷みよ子・童心社)

10位 免疫力アップ、痩せる、若返る腸内フローラ健康法(藤田紘一郎・マガジンハウス)

おいしくて健康に良いレシピが注目された一年でした。『天才』よりもお料理の本が売れているお店は少ないかもしれません。。。

次回は文庫のランキングを振り返りたいと思います!(天神店F)

第7回リブロ絵本大賞発表です!

宮野聡子先生の直筆色紙です。かわいいー!宮野先生ありがとうございました!

レジ横特設コーナーです。これから飾りが増えて楽しいコーナーになります!

【勤務先】地獄 【上司】えんまさま 【職業】オニのサラリーマン!?

一緒に体操したくなる『ぺんぎんたいそう』

たくさんの絵本の中から、リブロ・よむよむ・パルコブックセンター各店の児童書担当が「広く紹介したい」「強くおすすめしたい」と思う作品を選ぶ、リブロ絵本大賞の第7回の大賞は

『いちばんしあわせなおくりもの』(宮野聡子・教育画劇)


です!

読むと大切な人の顔が浮かぶ、優しい絵本です。

おくりものにも良いですよ。ぜひ店頭でご覧ください!

入賞作品もたくさんのたのしい絵本がございます。

この記事を書いている(F)のお気に入りは『ぺんぎんたいそう』(齋藤慎・福音館書店)です。黄色のかわいい表紙にぺんぎんさんが2羽。体を動かしたくなる絵本です。小さなお子様とも一緒に楽しめるのが嬉しい!

天神店ではレジの横に特設コーナーを作っております。

お子様たちの絵本との出会いをお手伝いできたらうれしいです。

ご来店お待ちしております。(F)

pagetop